ソフビ専用塗料 株式会社タクミ
製品案内ご購入ガイド使い方お問い合わせ会社概要
現在のページ:HOME>製品案内>本製品の使い方>プラモデルなど、硬素材の塗装方法


ショッピングのページへ


ショッピングのページへ

お客様の作品ギャラリー


株式会社TAKUMI
〒110-0015
東京都台東区東上野1-13-10
小宮山ビル5階501号室
TEL:03-6273-9730
FAX:03-6273-9738
受付時間 9時〜17時


塗装手順

*クリヤーIIは、プラモデル専用塗料です

クリヤーII塗装(乾燥)→スーパーミラーII塗装(乾燥)→クリヤーII塗装(乾燥)→完成


クリヤーIIの塗装に失敗したら直ぐに水で洗い落して再チャレンジ!
クリヤーIIを模型用コンパウンドで磨いてさらに輝度感UP!
透明ポリカーボネートの裏面塗装も凄い!(スーパーミラーを直接塗装)


塗装方法

クリヤーII:

スプレー又は刷毛塗り

スーパーミラーII:

スプレー(推奨)
※部分塗装であれば筆、ブラシによる塗装可能
 丁寧に塗り重ねて下さい


1.下地づくりはクリヤーIIを使用

クリヤーII、もしくは専用着色剤でクリヤーIIを着色したものを、原液のまま吹き付けます。
粘度が高く希釈が必要なときは、精製水(薬局等で手に入ります)を使用してください。
アンダーコートをすることで、スーパーミラーIIの食いつきが良くなり、輝度も上がります。
2.スーパーミラーでメッキコート
スーパーミラーIIは原液のまま、エア圧を少し高めにノズルは極力絞って塗料の吐出量を抑えて吹き付けしてください。塗膜を薄く仕上げることで、よりメッキに近い金属調の仕上がりになります。希釈する場合はAMC専用うすめ液を使います。
3.クリヤーIIによるトップコート
クリヤーIIのトップコートがなくても、塗膜には十分な強度がありますが、オーバーコート→乾燥させることで研ぎ出し仕上げが可能になります。
また、クリヤーIIをAMCカラーで着色すればカラーメタリックとなります。
AMCカラーの添加量は1〜3%程度がおすすめです。さらに、クリヤーIIにはプラモ用の溶剤型ラッカー系塗料が重ね塗りできるようになります。

さらに輝度の高い仕上がりを求める方は、ぜひお試しください。


塗り直しをする時は
*マスキングとアンダーコートについて

スーパーミラーは、塗膜の強度にすぐれた製品ですが、素材によってはマスキングによってはがれる可能性もありますので、注意してください。
クリヤーIIでアンダーコートを行うことで、スーパーミラーの食いつきが良くなり、強度もさらに向上します。

*クリヤーII、塗装のコツ

アンダーコートにもトップコートにも使えるクリヤーIIは、原液のままお使いいただけますが、塗りにくい場合は少量の精製水(5%以内)で薄めます。(ダレに注意)
吹きつけの際は、ノズルをやや開けて一気に吹き付けてください。エアブラシをゆっくりと動かすのがコツです。乾燥が早い製品のため、流量が少ないと塗装面に届く前に乾燥してしまい、ざらつきが発生します。
*ウエルドラインの解決方法
スーパーミラーは粒子が非常に細かいため、塗装面のウエルドラインが浮き上がって見えることがあります。
アンダーコートにクリヤーIIまたはクリヤーIIをブラック等で着色したもの(クリヤーII 10mlに対し着色剤0.5ml程度を添加)
をお使い頂ければ、目立たなくなります。


Copyright2009 Takumi CO.LTD All rights reserved.